合宿免許は短期間で免許取得を望む人に便利

合宿免許は、自動車教習所内にある施設や近隣の旅館やホテルなどに宿泊しながら免許を取得するシステムです。

このシステムを利用する場合は、一日に平均して4時限から5時限ほど教習を受けます。

最初の段階では場内で講習を受け、技能教習については一日に最大で2時限、次のステップでは路上における技能教習を3時限まで受講できます。
合宿して免許を取得するメリットは、教習制限を最大限まで活用して短い期間に免許取得を実現する点です。

2週間から3週間の期間で、自動車教習所を卒業できるケースが多くなっています。



通常の自動車教習所に通うと、フリータイムの場合でも1ヶ月は必要になるケースが多いものです。

しかし、合宿免許では教習計画そのものが、AT車では最短で14日間、MT車の場合でも16日間ほどで作成されます。

多少長引くケースはありますが、スピーディーに免許を取得したい人に有効です。


その上、格安で運転免許が取得できる点も魅力。
一般的な教習所よりも教習費用が格安に設定されている教習所が多くなっています。

もちろん、合宿免許の費用の中には、宿泊費用も食事代なども含まれています。

教習の効率を向上し、無駄を省くことによりコストが削減でき、教習費用が安価に設定されている訳です。



そのため、運転免許をリーズナブルに取得したいと考えている方に向いている方法と言えるでしょう。
合宿免許では、沢山の人と知り合えるという楽しみもあります。
同じ目的を持つ仲間同士で、同じ教習所に通った経験は良い思い出になるでしょう。